ご挨拶

"最も信頼される存在を目指して"

当社グループは2006年に小さな認証保育所を開所して始まりました。
言いようのないほどかけがえのない子どもという存在、そして至るところ感謝にあふれる保育という仕事の素晴らしさ。これを心から実感した経験が、創業の大きな動機でした。そうした想いに突き動かされ一心に歩んできたこれまでの道は、社会の要請に背中を押されるかたちで今につながっています。現在、165の施設で10,000人以上の子ども達をお預かりし、3,000人を超える保育士・栄養士等子育てのプロフェッショナルが働く企業へと成長を遂げました。

2018年には、当社グループの中期的な方針を「GK保育の確立(GK:Global Kids の略)と人財育成力の強化に注力する」とし、さらに理念体系を再構築して「ビジョン」と「大切にする姿勢」を加えました。『2030 トリプルトラスト』と銘打ったビジョンは、「2030年までに、職員と親子と地域の三者(=トリプル)に最も信頼(=トラスト)される存在になり、子ども達の育ちと学びの社会インフラになる」を掲げ、長期的に目指す姿を明示しています。現在、中期的な経営方針である「保育と人」にフォーカスする施策を継続的に推進しています。

そして2019年4月、グループ全体のブランド力強化を目的に基幹ブランドである「グローバルキッズ」を採用し、社名を「グローバルグループ」から「グローバルキッズCOMPANY」と改めました。このCOMPANYは、会社ではなく「仲間」。子育てにかかわる環境すべてが仲間であるとの想いです。
少子化対策、待機児童対策、働き方改革など、国を挙げての整備が進む中、子育てを取り巻く環境は劇的な変化が予想されます。眼の前の大きな社会的使命を果たすため、個社を超えて多くの仲間を巻き込み業界全体をリードしていきたいと考えています。

「子ども達の未来を預かることは、すなわち日本の未来を創っていくこと」にほかなりません。
子ども一人ひとりに寄り添い、質の高い保育を通して「豊かに生きる力を育む」こと、それを支える私達が「輝いた大人である」こと。これは創業時から変わらない当社の原点です。環境がどのように変わっても、当社はやるべきことを見失わず、常にこの原点に立ち返りながら子ども達の輝かしい未来の創造に貢献できる企業でありたいと考えています。

子ども達はもちろん、保護者の皆様、地域や行政の皆様、そして保育の現場で働く全ての人々から必要とされ誰よりもその要請に応えられる企業としてチャレンジし続けてまいります。
引き続き、変わらぬご支援ご指導を賜りますようお願い申し上げます。

                                   2019年4月1日
                         株式会社グローバルキッズCOMPANY
                              代表取締役社長 石橋 宜忠
                                代表取締役 中正 雄一
 

 

ページのトップへ